スポーツ疾患解体新書(全3本)

なぜ、このテクニックは痛みが取れたあとも患者さんが喜んで自費で通い続けるのか…?

ポイント

売上の新しい柱となる患者層とは?

近年、健康意識の向上により、スポーツを楽しむ人が増えています。平成30年に文部科学省スポーツ庁が実施した調査によると「週1日以上スポーツをする成人」の割合は55.1%この数字は、平成3年の約2倍です。

これに加え、学校の部活やクラブチームでスポーツをしている子どもたちを入れると、スポーツ人口の数はさらに膨れ上がります。

また、これからの超高齢化社会を迎えるにあたって、日本人の健康意識はますます高くなり、スポーツ人口が増え続けることが予想されます。スポーツ人口が増えれば、当然、スポーツによるケガも増えますが…

スポーツ障害の改善に自信がありますか?

スポーツ障害で頻発するケガは競技により異なりますが、足関節捻挫、アキレス腱炎、肉離れ、シンスプリント、突き指、テニス肘、野球肘などは遭遇する機会の多い疾患です。

スポーツ障害の施術では、どの部位の動作不良が原因で疾患を引き起こしているかを評価することが重要になります。では具体的にどうすればいいのか? そのポイントは「運動連鎖と関節を組み合わせた動作観察」にあります。

まずひとつめのポイントである運動連鎖。これは「ひとつの関節が動くと、隣接する他の関節も動く」という、関節を軸とした体の連鎖反応のことです。

もうひとつのポイントである関節は、モビリティージョイント(可動性)とスタビリティージョイント(安定性)に分けて考えます。

そしてこれら2つを組み合わせ動作観察することで、動作不良を起こしている部位を探しだし施術をおこないます。先生も、増え続けるスポーツ人口を新たな患者層として取り入れ、新たな売上アップの柱を作りませんか?

DVD収録内容の一部をご紹介すると…

この先、ますますニーズの高まるスポーツ障害をマスター!「スポーツ疾患解体新書〜運動療法が改善のカギ〜」の内容とは…?

  • なぜ、原理原則を学ぶことが重要なのか…?
  • 「痛みの原因」と「痛めた原因」の違い
  • 知っておくべき2パターンの患者さんの特徴
  • 患者さんの信頼を得るコミュニケーションの取り方
  • スポーツ疾患における「3種類の痛みの原因」
  • スポーツ疾患における「3種類の痛めた原因」
  • 体の構造を深く理解する4つの分類
  • 足関節捻挫になる原因とは…?
  • 初期〜中期の足関節捻挫における3つのポイント
  • 足関節捻挫への運動療法のポイント
  • アキレス腱炎になる原因とは…?
  • 初期〜中期のアキレス腱炎における3つのポイント
  • アキレス腱炎への運動療法のポイント
  • シンスプリントへの運動療法のポイント
  • なぜ、靴紐の結び方が重要なのか…?
  • オスグット&ジャンパー膝への運動療法
  • 股関節への運動療法のポイント
  • 施術家が知っておくべき応急処置のテクニック
  • スポーツ上肢疾患の施術前に改善すべきポイント
  • 突き指を正しく鑑別するには…?
  • テニス肘への運動療法のポイント
  • 施術家が知っておくべき「野球肘」の基礎知識
  • 上肢疾患を改善する動作トレーニング
  • 医科との連携のポイント

0

※この動画は、月額見放題ご契約の方のみ視聴ができます

購入済みの方は、ログインして視聴
配信開始 見放題

このセットが含まれる
月額見放題

カテゴリ

このセットの動画一覧

関連動画

コメント

ログイン、もしくは会員登録いただくと、コメントできます。

もっとみる